SET YOU FREE & IFF

IFFのイベントに行って来ました~。
SET YOU FREEとIFFがタッグを組んだイベントということらしいのだが、
SET YOU FREEの方はよ~知らんです、ごめんなさい。

出演は、、
ねじ式
赤崎コンパ大学
The Fuzz Picks
向井秀徳アコースティック&エレクトリック
KING BROTHERS

メンツを見るだけでも凄いイベントやなぁ~、、て感じだけど、
いやもうホント濃かったっす、、すっごい見ごたえありました。



トップバッターはねじ式、このバンドは「ニーハオ」という音源を持っていて、
それがメチャクチャカッコよくて、この日ステージを見るのを楽しみにしてました。
IFFのストリーミングを見るとかなりやばそうだったんだけど、
生はホント凄かったよぉ~!!めちゃめちゃカッコよかった!!
「はぁ~かたの第3革命ねじ式です」という森山氏の一言からスタートしましたが、
異様なテンションといい、2本のギターの絡み方といい相当気に入ってしまいました。
1曲終わった所で「言われんでもはよう帰ります」と一言、かなりツボに入る(笑)
なんか知らんけど森山氏のキャラクターも独特で、鬼才の雰囲気が漂う人だ。
服装も中々イケてて、茶色のスーツにボーラータイって言うのなか?ネクタイじゃないやつ、、
私あれ相当好きなんだけどなかなかしてる人いないよね、みんなすればいいのに。
MCも鮮烈過ぎて覚えちゃったよ(笑)
「世の中のメジャーなアーティストに対抗すべく、毎月3曲新曲を作っておりますが、
それでも守りに入らず新曲をやります」
「損得勘定は考えておりませんので完売したとしても相当な損失です」
と言っていた自主制作のCD、後で買おうと思ったらもう売り切れてたものもありましたよ。
昭和の香りのするスパルタローカルズって感じでしょうかね。
ナンバガやスパルタが好きな人は絶対好きだろうな。
「今日はこの曲をやりに来ました」と、最後にやった
「ピラミッド」という曲が死ぬほどカッコよかった。

次は赤崎コンパ大学、CMでチラッと流れている人たちくらいの認識しかなかったんだけど、
ハムバッカーゴリゴリのメロコアで、正直さしたる感想なし。
会場SEで何故かホフディランか流れていて、私は別にホフは聞いては無かったけど、
中学生の時によくラジオでかかっていたので懐かしいなぁ~、
でも何故にホフがかかっているのだろう、、と疑問に思っていたら、
出てきた、、誰が!?ワタナベイビーが!!びっくりしたぁ~。
カセキサイダーとのユニットの宣伝に来ていたようです。
赤崎と「スマイル」を1曲やってくれました。
いやぁ~イベントならではというかちょっと得した気分になれましたよ。

次はThe Fuzz Picks、北九人なら聞くべきと思いつつ、
実は今まで聞いていませんでした、ごめんなさいっっ。
音が一発鳴った瞬間にうわっかっこいいなぁ~って思っちゃった!!
シャキッとしたツインギターにポップな歌がノルという、
私の好みをまんまやってくれるようなバンドだ。CD買いますよ。
ボーカルのチダさんはキレイでカッコよかったです、普通に憧れますわな。
ちょっと時間が短かったのが残念だけど、北九で見れるんなら行かなきゃ!!
てかもっと早く聞いておけば、ライブも見ておけば良かったなと思いました。

そして今日のお目当て向井アコエレ。
なんか向井君に引き寄せられて色んな音楽に出会っていますね、多謝。
おもむろにグラサンを取り出してめがねONし、長渕ギターを担いで
1曲目は「CRAZY DAYS CRAZY FEERING」、弦を叩きながら弾くのだけれど、
その弦を叩く音がドラムのキックのように響き渡り、
ドラムと演奏しているような感じで非常にムーディーだった。
2曲目「6本の狂ったハガネの振動」、この曲をアコエレで聞くのは初めての気がする。
そして「Water Front」、弾き語りでやるとまたすっごく染みてくるなぁ。
「マツリスタジオからマツリセッションを~わかりやすくして~へ?のっぴきあげて~は?、
適当な言葉が見つかりませんが~」と自分で突っ込みながら言っていたのがおかしかった。
テレキャスに持ち変えて、轟音フレーズを弾いてそれをDL4のプーサンプラーにRECし、
また長渕モデルに持ち変えて「The Days of Nekomachi」に。
間奏でさっき吹き込んだ轟音ギターを鳴らしていました。
てかline6のエフェクター使わしたらホント右に出るものはいないなぁ~と思います。
そして「KIMOCHI」も披露。途中エフェクターを踏み間違え、
ホントはリバーブかなんかをかけたかったのだろうけど、もの凄い轟音が出てしまい、
「なんや今の?」と自分で笑っていた。
またもDL4にフレーズをインプットし、それを鳴らしたままフロアに女子を物色しに降りて行き、
大人な感じのセクシーな女性をステージへ連れ上げる。
彼女に「野に咲く~」を歌わせた後、「ムカイチャンステキ」と言わせて、
それをまた別の器材に録り、「ムカイチャンステキムカイチャンステキ」と
何度もリピートしてはご満悦そうでだった。
てかね、BEAT STATIONって線路の下にあって、演奏している時は大丈夫なんだけど
MCの時とか電車が通るとガタンゴトンってなるのよ、、。
バンドならいいけど、弾き語りだともしかすると、、と思っていたら恐れていたことが、、
何度もガタンゴトンと聞こえました(笑)
何故に線路の下に作ったのでしょうか、、いいハコなんですけどね。
そして凄かったのは「開戦前夜」、途中のギターソロはまたもDL4を駆使し、
フレーズを弾きながら録音しては、たった今録音したギターの上に、
また新たなるフレーズを弾きつつ録音し、、というのを繰り返してはもの凄い轟音プレイをしていた。
ちょっと言葉にするのは難しいけど、なんかもう圧倒されました。
最後は「自問自答」で〆。ギターを弾きながら退場していかれました。

トリはKING BROTHERS、一枚だけアルバムを聞いた事があるのだけれど、
多分「虹のアルバム」って言われてるやつかなぁ。
とにかくライブが凄いと聞いていたので期待していたのだけれど、凄まじかったなぁ~。
「踊れない人は帰れ~消えうせろ~」と言っていたけど、
そう言われずとも既に自然と体が動いていた。
ステージで暴れまくり、マイクは口にくわえたまままま歌うわマイクは落とすわスタンドは倒すわ、、
壊れんのかなぁ~と思っていたら、案の定マイクが壊れた、、口にくわえたままマイクが落ち、
ウインドスクリーンがMARYA氏の口の中に残っていた。その様子が実にロックだったよ。
なんかもう何を壊そうが遠慮なしって言う勢いがカッコよかったなぁ~。
MARYA氏はフロアにダイブ!!ラストはアンプに何度も何度も体当たりをしていた。
あのテンションをまた体感したいなぁと思いました。
もの凄い充実感を胸に会場を後にしました。

はぁまたなんか長々と書いちゃったよ、、
またこんなぶっ飛んだイベントをやってくれることを期待しています♪
[PR]
by tohko_hy7 | 2006-01-29 10:52 | swanky stage


<< メシはまだか 現代の無戒 >>