深夜2.5時

b0027839_2340133.jpg「ZAZEN BOYSⅢ」が遂に発売、今2周目を拝聴中デス。
いやこれ凄いね、衝撃的よ、ほんなこつ!!
自分の中では前作2作を軽く超越してしまったっっ。
ただこれいつにも増してすっごく好きか全く理解できんかの
どっちかなので、う~んあんまり売れなさそうね(笑)
まぁそこは「売れる売れない二の次で」って事で、、。
一緒にBaseBallBearの「バンドBについて」も買ったのだけど
そっちはまだ聞いてません。
今回は豪華デジパック仕様でパッケージも進化しとるのだけど、
CDを取り出すと「ひょっとこ顔」の向井が飛び出てきてびびった!!
酔拳のような「くね~」っとしたポーズの聡君にやられましたっっ。
フォトカード付で2500円、お買い得ですぜっっ!!

1曲目「SUGAR MAN」、これはこのアルバムがとんでもない作品であることを
瞬時に悟らせてくれる。なんつうか一言で言うと「開戦前野未来形」といった感じだ。
“ただ、じっとこの世を見据え睨み続ける その目はもしかしたら、とても優しい”
この一節がたまらなく好きだ。
「Take Off」、マツシタドラムが激かっこいい~!!このアルバムで最もR&B色が濃い。
ドラムとベースだけでも成り立ちそうなくらい音のスカスカした感じがたまらない。
「Friday Night」この曲が本作のリードトラックになるのかな?
PVもあるらしいのだが「秘密ガール」の時みたく配信して欲しいなぁ。
カシオメンの夜を切り裂くようなギターが好きだ。

「Tombo Game」ファンキーなグルーブを感じさせてくれる、向井君のボーカルがエロい。
「Pink Heart」なんか全員「好き勝手弾いてます」みたいな感じがオモロイ。
そしてどの辺が「Pink」なんでしょうかね?
「RIFF MAN」、鋭い!!「ハードリカー」を彷彿とさせる感じ。
「耳から飛び出る昇り龍」、なんやそれ(笑)

「This is NORANEKO」、サウンドが黒いくてぶっとい。なんかちょっと切ない感じも良いね。
イントロで鳴っているメインのリフはこれは何の音なんやろう?なんか知らんけど凄く良い。
「METAL FICTION」、こないだのマツリセッションの時に演っていた時は
即興のリリックだろうと思ったのだけれど、これそのままだったのね、このキチガイがっっ(笑)
ナントカ節みたいなのからスパッと切り替わる所にビクッとなる。
「Don't Beat」、ユニゾンで動いていくギターのリフが美しい。

「Lemon Heart」、こっちは「Lemon」ですか!?こっちの方が気持ちすっぱいのかな(笑)
「Water Front」、これがなんかやっぱ一番好きやな。
冷凍都市を見下ろして佇んでいる感じ、、切ないような悲しいような、空虚なような、、
色んな感情が沸き起こってきてたまらなくなる。
「Good Taste」、こんなに軽快な曲って今までなかったかも?
色んな言語が飛び交うのがまた心地良いですね。とても新鮮な終わり方、、。

どの曲も一瞬聞いただけでみぞおちにドフッと鉄拳くらった見たいな衝撃デス、
全曲素晴らしいんだけど「Take Off」、「RIFF MAN」、
「This is NORANEKO」、「Water Front」あたりが今のところフェイバリット。
てか、「感覚的にNG」って未収録なんだね、今頃気付いたのかよ!!
まぁ「YAON」に入ってるしね、、。

なんか2週続けて「MY FOOT」、「ZAZEN BOYSⅢ」と
自分にとって重大な作品が立て続けにドロップされて、、なんかもう凄かぁ~!!凄い興奮しとるよ。
次のマツリセッションまでにはどの曲も更に進化しとるんだろうなぁ~、非常に楽しみなんである。
その前に久々の無戒アコエレに行って参ります♪
[PR]
by tohko_hy7 | 2006-01-18 00:34 | kidnap music


<< バンドBについて yes, more light! >>